03 営業×JCC

ジャパンケーブルキャスト プラットフォーム事業本部 プラットフォーム営業部 営業チーム 川窪大介
営業本部
ケーブルテレビ営業部
営業チーム

川窪 大介

プラットフォーム事業部営業チームは、お客様であるCATV局や番組供給事業者様を訪問し、抱えている課題に応じて各種サービスの提案営業活動をこなうことをミッションとしている部署です。
日本全国にお客様がいらっしゃるため、営業パーソンごとに担当地域が分けられており、週の半分が出張というメンバーも。オフィス勤務時はお客様への提案を行ったり、業界の情報を収集したりなどのデスクワークが中心ですが、とにかくいつも「お客様のために」という意識で仕事をしています。
今回お話を聞いた川窪さんは中国・北陸・甲信越の担当をサポート。多分に漏れず週の半分は何れかの地方に出張します。多忙な仕事の合間をぬって、営業チームの仕事の魅力についてうかがいました。

Q.営業チームの仕事の魅力は?

出張で家を離れ、夜の街に出かけられることでしょうか(笑)。 というのは冗談で、CATV局という公共性の高いサービスの根幹を担っているということを私自身、誇りに思っています。 そして実際にご家庭にサービスを提供されているCATV局様では、昼夜を問わず、視聴者様のために尽力されています。 そのようなお客様と一緒になって、より視聴者様にとって役に立つサービスを考え、提供していくことができる点が魅力です。

Q.とても忙しい職場のようですが

他の営業チームのメンバーを見てみると、ほぼ毎週出張に出ています。長距離移動をものともしない身体的体力、お客様を訪問し、課題や悩みをお聞きする課題発見力、そして 移動で疲れた状態でも、お客様が抱えてられる課題に応じて各種サービスを組み合わせ、常にお客様にとって最善のご提案を考え続ける、知的なタフさの3つを要求される為、忙しくは有りますが、同時に醍醐味でもあります。

Q.今後チャレンジしてみたい仕事はありますか?

地域の方々に喜んでご利用いただける、CATV局が提供する新サービスの実現に取り組みたいと考えています。
また、CATV局を通し地域の魅力を全国に発信することにより、交流人口の拡大につながるサービスも実現したいと考えています。